TEAM NACS Official Site

NACS豆辞典ARCHIVE

TEAM NACS10周年(2007年)に、ファンのみなさんの投稿を元に作成されたコンテンツです。
 さ
『サイコロの旅』
「水曜どうでしょう」初期〜中期の看板企画。番組中、6回実施。
東京からスタートし、フリップに記載された6つの行き先を明治のサイコロキャラメルを振って決め、期間内に札幌を目指すというルール。
『最上級土下座』
大泉さんのある意味得意技。ドラバラ鈴井の巣などで、脚本や作詞が大幅に遅れた
時に、追い詰められた大泉さんが、スタッフや出演者に対してする土下座。またCUE
DREAM JAM-BOREE 2006「再会」では、客席に向かって感謝の意味を込めて披露し
、大喝采を浴びた。(投稿:ひしのみ@大阪さんほか)
『Side7』
AIR-G'で毎週木曜26:00〜27:00放送中2004年10月放送スタート。DJを佐藤重幸が務める。
ガンダムファンの佐藤。話題も「ガンダム」など、オタクネタがメイン。番組名の由来も「ガンダム」から。
『札幌テレビ放送(STV)』
創立 1958年4月8日
開局 テレビ/1959年4月1日
ラジオ/1962年12月15日(2005年(株)STVラジオ 事業開始)
「1×8いこうよ」(TV)「どさんこワイド」(TV)「アタックヤング」(ラジオ)などの人気番組を多数放送。
『札幌のアランドロン』
音尾琢真が、2002年10月から毎週金曜日にパーソナリティを努めているSTVジオ「アタックヤング」のオープニング自己紹介で必ずいう。(投稿:あやごんさん)
『佐藤重幸』
演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーとして活躍、他劇団にも参加し、舞台役者として数多くのステージに立つ。2003年にはTEAM NACS第9回公演「ミハル」の作・演出を手がける。また、2004年には「おにぎりあたためますか」(HTB)の企画で歌手デビュー。大泉とのユニット「FAN TAN」として発売したCD「起きないあいつ」はオリコン初登場7位にランクインした。2005年にはドラマ「1リットルの涙」(CX)に主人公の通う高校の教師役として出演、2006年には沢口靖子・余貴美子主演の舞台「びっくり箱」に出演。同年秋には、映画「enma note」の公開とドラマ「サプリ」(CX)にも出演。
 し
『シェフ大泉』
水曜どうでしょうでたびたび登場する大泉洋のキャラクター。想像を絶する料理を生産するが、大泉曰く、「本当は上手」らしい。(投稿:もじゃっきーさん)
『四国R-14』
水曜どうでしょうプロジェクト2000として行われたドラマ。TEAM-NACSとして初めて
(本当は二度目)全員そろってTV出演を果たした。主演は大泉、準主役が音尾・森崎で、どうでしょう班ディレクターである嬉野Dの音尾さん好き、藤村Dの森崎さん好きがすでにこの時点でうかがえる。 (投稿:りょうこさん)
『シュピューラー』
携帯用おしり洗浄器。大痔主の大泉が常に携帯している。 (投稿:DORIさん)
『勝負服』
ジャージを上下セットで着る事。水曜どうでしょうで生まれた言葉である。体を張ったロケなどに「勝負服」で挑む。ミスターは「アディタス」、大泉は「ウィルソン」着用。道内ロケと聞かされ勝負服で挑むも、実はサイコロ企画で、その勝負服のまま飛行機にも乗った事あり。(投稿:あつぴよ@横浜さん)
『白目』
しろめ安田扮するムード歌謡歌手、轟一郎が歌っている時になる表情。2006年のジャンボリーの際、御社亜紀とのデュエットでは二人で白目を披露した。白目ブームを目指すらしい。(投稿:こう@東京さん)
『ジブリ作品』
スタッフに「水曜どうでしょう」のファンがおり、それがきっかけでオファーが来てジブリ映画にエキストラ等で声優として出演している。大泉は「千と千尋の神隠し」の番台蛙、「ハウルの動く城」のかかしのカブとして出演。他のメンバーも「千と千尋の神隠し」「猫の恩返し」「ハウルの動く城」に出ている。
『ジャンボリーダー』
CUE DREAM JAM-BOREEに必ず現れるボーイスカウトの格好をした森崎を指す。ボーイスカウトの経験を生かし、「ジャンボリーの歌」を振りつきで教えてくれ、盛り上げてくれる存在。2006年のジャンボリーではついにリーダーのグッズが登場した。
『ジャンボリーの歌』
ボーイスカウトの曲。森崎が振り付けをを作り、「CUE DREAM JAMBOREE」では、会場全員と踊る。 (投稿:まぁすヶさん)
『1/12ザク』
佐藤重幸の宝物。1/12サイズで高さ147cm。引越しの度にどこか壊れるらしい…。 (投稿:ゆにさん)
『シェイク=スピア』
あの有名な劇作家ウィリアム・シェイクスピアのことを、森崎は“シェイクが苗字でスピアが名前”だと思っていた。 (投稿:DORIさん)
 す
『水曜天幕團』
2003年、北海道テレビ放送開局35周年記念事業の一環として、同社看板番組の水曜どうでしょうとTEAM NACSのコラボレーション企画として結成された。
大泉を主演とし、「蟹頭十郎太」を上演。北海道テレビ駐車場に特設テントを設営し、話題となる。
『水曜どうでしょう(すいようどうでしょう)』

北海道テレビ放送(HTB)制作のバラエティ深夜番組(北海道ローカル)。
1996年10月放送スタート。2002年9月に番組にピリオドを打ち、今後一生続けられるようなペースで番組を作ることを決断。「一生どうでしょうします」の言葉通り、その後は年に1回のペースで番組を続ける。

『鈴井貴之』
クリエイティブオフィスキュー代表取締役。NACSにとっては父親的存在。通称「社長」だが、 「水曜どうでしょう」では大泉が付けた「ミスター」という愛称で呼ばれている。鈴井のファンは通称「小虎ちゃん」と呼ばれる。
『すずむし』
大泉洋の呼び名。主に水曜どうでしょうの藤村Dが大泉をバカにした時に使用するしかし、大泉も藤村Dに対して「げんごろう」と呼び、喧嘩が繰り広げられる。(投稿:mikacheさん)
 せ
『Same Birthday』
坂本サトルと大泉洋の北海道限定ユニット。ラジオ番組中に突如結成。名前の由来はそのまま、誕生日が同じだから(坂本サトル1967/04/03 大泉洋1973/04/03)。2000/12/20 「愛の言葉」を坂本サトルのマキシシングル「明日の色」のカップリング曲として収録。限定3,000枚という事もあり予約が殺到、早々に売り切れる。他に「OH!ミステイク」という曲もあるが、CD化はされていない。
『雪面の飛び魚』
大泉さんが「水曜どうでしょう」のサイコロの旅3で履いてきた大泉さんの父親の靴。アルプススノー社のスノトレシューズで、通気性が全く無く温かい。大泉家にはこの靴が父親用と祖父用の2足あるらしい。(投稿:T.Hさん)
 そ