TEAM NACS Official Site

NACS豆辞典ARCHIVE

TEAM NACS10周年(2007年)に、ファンのみなさんの投稿を元に作成されたコンテンツです。
 は
『初めてのガンダム講座』
佐藤重幸の出演しているSIDE7(AIR-G)のコーナーの1つ。毎週、機動戦士ガンダム(ファースト)を1話づつ紹介している。(投稿:methukoさん)
『ハナタレナックス』
北海道テレビ放送(HTB)で毎週木曜24:10〜24:40放送中。2003年1月放送スタート。出演はTEAM NACS。1人が毎回企画をプロデュースし、他4人がそれに挑むスタイルの番組。
『ハナタレ部屋』
ハナタレナックスでNACSの5人が素でトークをする場。また、視聴者から寄せられた悩みをNACSが解決する「ハナタレ人生相談」を行う。最初は何もなくこざっぱりとした部屋だったが、メンバーが思い出の私物を持ち寄ったりすることで、徐々に色づいていった。(投稿:HITさん)
『晴れ男』
森崎のことを指す。森崎が撮影などに行くとなぜか空が晴れだす。その日の天気予報が雨だったとしても雨が降らなかったりする。機嫌を損ねると、雲行きが怪しくなってくるらしい。
『半角斎(はんかくさい)』
大泉洋のキャラの一つ。陶芸家。「水曜どうでしょう シェフ大泉・夏野菜スペシャル〜陶芸編〜」に登場。代表作に「大恋愛大皿左巻き」がある。また半角斎一門とは、大泉洋扮する「国宝・半角斎」、鈴井貴之扮する「胡散く斎」、安田顕扮する「白菜」がメンバー。当初安田は「心気く斎」だったが、お世話になった陶芸教室の先生が先に出てきたために即興の思いつきの「白菜」になった。ちなみに藤村Dは「く斎」という名前。(投稿:かおる@東京さん、蓮さん)
『ハンサム』
NACSにおけるハンサムとは安田、佐藤のこと。佐藤は手稲が生んだ最後のハンサムと言っていたが、ポルノグラフティのライブの際、藤木直人とエレベーターが一緒になり、そのかっこよさに他のメンバーから二度と、「ハンサムと口にするな」といわれた。その語のラジオ番組で「手稲が生んだ普通の人」と自称した。
『ババンバセット開発』
「おにぎりあたためますか」第1回企画。収録場所は雪まつり会場にあった江戸城前。今では「食べる部」になってしまっているが、実は「商品開発をしよう」という企画からスタートしていた。(投稿:ぱぴー☆ちゃぁこさん)
『パコダテ人』
2002年4月公開の映画。
主演に宮崎あおい。準主役として大泉洋。安田顕、森崎博之、佐藤重幸、音尾琢真も出演。
2001年函館イルミナシオン映画祭プレミア上映
2002年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭出品
『PAPAPAPA PUFFY』
大泉が1999年8月〜2002年3月まで準レギュラー出演(テレビ朝日)。男性出演人の中でも群を抜く出演回数「28回」。番組中、PUFFYの亜美とは「犬猿の中」であった。(投稿:リカ☆彡さん)
 ひ
『ひがしかわ観光大使』
森崎さんが地元の北海道東川町から任命されている。大使の第1号。活動は町のPRほか。(投稿:mikakoさん)
『土方歳三コンテスト』
佐藤が2000年2001年と出場し、2000年には榎本武揚賞を、2001年には箱館稜雲社賞を受賞している。(ともにHBC「天然者」の企画) (投稿:リカ☆彡さん)
『平目顔』
音尾がよくメンバーに言われる悪口。『LOOSER』の副音声では音尾自ら、「平目顔ってどんな顔よ!?平目って片方に目かたよってるじゃん!!」と反論する場面もあった。 (投稿:みじこ★さん)
『びちびちびちー!』
音尾琢真が横向きに寝そべり、頭と足を上げ魚の生きの良さを表現。運動神経抜群の彼ならではの動き。LOOSER、TEAM☆NACSなどで披露。(投稿:りこさん)
 ふ
『FAN TAN』
テレビ番組「おにぎりあたためますか」(HTB)で結成された大泉、佐藤のボーカルユニット。2004年6月に「起きないあいつ」でデビュー。作詞は二人が努めており同番組で作詞合宿が行われた。「起きないあいつ」はオリコン初登場7位を記録。
『豚一家』
HTB「おにぎりあたためますか」に出演する大泉・佐藤・佐藤麻美アナウンサーの3人の総称。商品開発の参考にと、おいしいものをいろいろ食べ歩いているうち、そのみごとな食べっぷりからそう呼ばれるようになった。いちばん大食いの麻美アナは二人から「部長」と呼ばれている。(投稿:こなゆき@さっぽろさん)
 へ
『平成の怪物』
言わずとしれた「安田顕」の愛称。陰気でネガティブな中身と裏腹、甘いマスクと甘い声に人気有り。(投稿:しー@埼玉さんほか)
『ヘコイダーマン』
GOLGOLGOの おならでどこまで行けるかという企画で登場したヒーロー。一回おならをするごとに一階分の階段を登れる。時計台ビルは攻略したが、テレビ塔は時間切れで攻略できなかった。(投稿:もじゃっきーさん)
 ほ
『ほげっちゃ』
森崎博之が使う挨拶の言葉。こんにちは、バイバイ等の意味。(投稿:ようぴーさん)
『星空のコマンタレブー』
「雅楽戦隊ホワイトストーンズ」の大泉洋が演じる大門通のテーマ曲。
『北海学園大学演劇研究会』
北海道札幌市にある私立北海学園大学の演劇サークル。TEAM NACSがかつて所属していたサークルでもある。当時森崎は演劇研究会の「名誉会長」という肩書きを持っており、大泉も会長を務めたことがある。
『北海道テレビ放送(HTB)』
創立 1967年12月1日
放送開始 1968年11月3日
系列 テレビ朝日系列
「水曜どうでしょう」や「ハナタレナックス」、「ドラバラ鈴井の巣」など、NACS出演番組を多数放送している。
『本日のスープ』

AIR-G' 「R」 の番組コーナーから生まれたラヴソング。企画に賛同したスターダストレビューの根本要が作曲、当時パーソナリティを担当していた大泉洋が、リスナーから寄せられた詞をヒントに作詞してできた作品。当初、タイトルは「本日のスープカレー」にする予定だったが歌にしづらいという理由で「本日のスープ」となった。

『本日のスープカレー』
「本日のスープカレーのスープ」(大泉がプロデュースしたスープカレー用スープ)発売を記念して作られたフォトエッセイ。大泉のスープカレーの思い入れが綴られている。写真はスリランカで撮影し、スリランカでの様子を大泉初のソロDVD「100%スープカレー」に収録。
『ボディビル』
安田顕、音尾琢真がドラマ「マッスルボディは傷つかない」の中で、ボディビルの大会にガチンコで出場することになった。しかし入賞はならなかった。
『ぽっぷこ〜んシネマ』
北海道テレビ放送(HTB)で毎週水曜24:45〜25:15放送中。
2003年4月放送スタート。スタート時は鈴井貴之、オフィスキューの大下宗吾、
北海道テレビ放送の小野優子アナウンサーが出演。2004年10月、鈴井貴之に代わり音尾琢真が出演。
近日公開の最新作、話題作の映画情報を紹介。
『ポンデギ』
カイコのさなぎ。韓国ではおやつとして食べられている。大泉・佐藤が出演している「おにぎりあたためますか」の罰ゲームによく用いられる。大泉いわく「おばあちゃんの仏壇をかじった味」、佐藤いわく「風の谷のナウシカの王蟲の味」。佐藤はポンデキアイスを食べさせられた経験あり。(投稿:イッキューさん)