TEAM NACS Official Site

NACS豆辞典ARCHIVE

TEAM NACS10周年(2007年)に、ファンのみなさんの投稿を元に作成されたコンテンツです。
 ま
『マジック・ビデオセット』
音尾がテレビショッピングに飛びついて購入した物。4巻セットで¥12000円。なんと付録のトランプは8が多い!!その腕前はドラバラ(HTB)「山田家の人々」にて披露済み!!(投稿:ゆにさん)
『マッスルボディは傷つかない』
北海道テレビ放送(HTB)で放送されていた「ドラバラ鈴井の巣」の中で安田顕が企画・脚本したドラマ。
2002年6月〜2002年8月放送。出演はTEAM NACS、鈴井貴之の他、片山くみこ、坂本サトル、中山きんにくん、ロサンゼルス在住のボディビルダー ケン・安田など。
『man-hole』
2001年3月に北海道で先行公開された映画。鈴井貴之の第1回監督作品。
主演に安田顕と三輪 明日美。大泉 洋も準主演で出演。
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2001 公式招待作品
第10回あきた十文字映画祭 北の十文字賞(新人監督賞)受賞
第15回福岡アジア国際映画祭2001 審査員特別賞 受賞
2001年ベルリン国際映画祭正式出品作品
中国・金鶏百花映画祭2002公式招待上映作品
元々はOOPARTSが上演した舞台作品。(映像化することを前提に作られた。)
公式HPはコチラhttp://www.office-cue.com/man-hole/
 み
『ミスター残念』
佐藤に付いたまさに残念な名前。寝坊に遅刻。さらに電車に乗り間違える。カギをなくすなどなど…。いつまで伝説は続くのか!? (投稿:ゆにさん他)
『宮崎奈緒美』
2003年、CREATIVE OFFICE CUE所属。TEAM NACSの妹的存在。TEAM NACSメンバーと共に舞台「水曜天幕團/蟹頭十郎太」に出演。また、森崎と共にTV「えき☆スタ1」(UHB)にも出演していた。雑誌でのコラム執筆、CM出演など多メディアで活躍中。
 む
『昔のイケメン』
獏のゆりかごチームとして安田がネプリーグに出演したときにネプチューンに言われた言葉。 (投稿:ともえさん)
『無類の不器用』
何をやらせても神のような不器用っぷりを発揮する安田の事。 (投稿:まぁみさん)
『室蘭ふるさと大使』
安田さんが地元の北海道室蘭市から委嘱されている。活動内容は郷土のPRなど。他にも室蘭市に縁のある方で、国内外でご活躍中の方が就任している。(投稿:mikakoさん)
 め
『目と目の間は離れていてもあなたの心は離さない』
音尾の決めゼリフ。HTBのパーソナリティページでも「みなさんへのメッセージ」として載っている。(投稿:あやごんさん)
 も
『モ王子(様)』
OFFICE CUE公式サイト内の【も日記】にたまに登場する森崎自身を示す別名。これまでに「電車に乗っている間に切符をなくすモ王子様」、「ダジャレが苦手なモ王子」、「スポーツ観戦が好きなモ王子」などが登場し、森崎の実体験として描かれている。(投稿:あいこ@豊平さん)
『モザイクな夜』
北海道テレビ放送(HTB)の「水曜どうでしょう」が放送スタートする以前に放送されていた深夜番組。
1993年放送スタート。1995年に「モザイクな夜V3」と番組名を変更し、この頃から大泉が出演し始めた。
『もじゃもじゃ』
言わずと知れた『大泉 洋』の髪型2005年 TEAM−NACS全国公演COMPOSER響き続ける旋律の調べで彼の頭にベストマッチなベートーベン役がキャスティングされたここ、1〜2年は東京でのドラマや映画の仕事が多いため、彼のトレードマークが見られなくなったので、寂しく思えた人も多いのではないだろうか?噂によると、髪のセットに3時間ほどかかるらしい(普段は、あれ以上のもじゃもじゃ頭 お風呂で濡れても同じ形…本人談) (投稿:おだじーさん)
『モ父さん』
『いばらのもり』(HTB)で森崎が演じたキャラクター。他にも【モ侍】や【モリック】等がある。 (投稿:tokoさん)
『も日記』
森崎がOFFICE CUEダイアリーから独立して書いている日記。最初はCUEダイアリーの方に「も日記」というタイトルで書いていたが更新が頻繁になり、とうとう島流しにあった(らしい)。日記ではモリ語講座や森崎独特の口調での日記が楽しめる。
『ものまね』
大泉が得意とするものまね。レパートリーとして、
柳生博、久米明、おすぎ、土井善晴、田中邦衛、美川憲一、草野仁、板東英二、黒柳徹子、畑正憲、田中眞紀子、鈴木宗男、山下真司、松山千春、緒形直人、和田アキ子、アントニオ猪木など。
『モリ語』
森崎が使用する公用語(?!)。文章の中の50音表中のマ行、あるいはオ段を「モ」に変えて話したり書いたりする流行語です。 (投稿:DORIさん)
『森崎博之』
1996年に、演劇ユニット「TEAM NACS」を大泉・安田・佐藤・音尾とともに旗揚げ。リーダーとして出演の他、作・演出もこなす。「パワー、勢い、テンション」のキャラクターでテレビ・ラジオレギュラーの他、CM出演・雑誌の連載等もこなし多才ぶりを発揮している。2005年秋からは「えき☆スタ1」(uhb)ではメインMCを務め、2006年秋公開映画「UDON」舞台「陥人ーどぽんどー」に出演。
『MORY STAGE』
AIR-G'で毎週日曜25:15〜26:00放送中。2004年10月放送スタート。DJを森崎博之が務める。
オフィスキューの後輩がアシスタントとして出演。
『モリプロ』
2003年、森崎博之が脚本・演出に専念するためのユニット「モリプロ」を結成。「WAR」に客演してもらった川井"J"竜輔、江田 由紀浩、藤尾仁志、河野真也、高橋逸人の5人と一緒に、
1998年に上演したTEAM NACS卒業公演「FEVER〜眺め続けた展望の行方」をリメイク。「改FEVER」として上演し、TEAM NACS東京公演の候補作品にもなった。