TEAM NACS Official Site

TEAM NACSPROFILE

TEAM NACSとは、北海道学園大学演劇研究会出身の森崎博之・安田顕・戸次重幸・大泉洋・音尾琢真による演劇ユニット
nacs
NACSは、「North Actors Club Special」の略称となっているが、先に決まっていた「NACS」という名前に意味を付けようとして半ばこじつけられた ネーミングである。
初演「LETTER〜変わり続けるベクトルの障壁」(1996年)より、公演を重ねる度、確実に動員数を増やし、「LOOSER〜失い続けてしまうアルバム」(2004年)にて、初の東京公演。
以降「COMPOSER〜響き続ける旋律の調べ」(2005年)、「HONOR〜守り続けた痛みと共に」(2007年)とさらに動員数を増やし、大泉洋が作・演出を手がけた「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」(2009年)では、全国6都市64ステージを駆け抜け、53,000人を動員。
2011年、TEAM NACSは15周年を迎え「5D -FIVE DIMENSIONS-」として、5人5様=5次元のエンターテインメントを上演、60,000人を動員。2012年には森崎博之が5年ぶりの演出となる「WARRIOR〜唄い続ける侍ロマン」を全国18都市で開催。

TEAM NACS メンバープロフィール詳細はCREATIVE OFFICE CUEオフィシャルサイトへ